FC2ブログ

やっぱマグロばっかり食ってるようなのとは違うな

  • Day:2014.08.15 20:14
  • Cat:日記
こんにちは、じーむです。

ハリウッド版ゴジラ見てきました。正式タイトルは「Godzilla ゴジラ」

最初に映画館に行って見た映画はガメラでしたが、ゴジラも大好きなので。
今更感溢れてますが感想など。
ネタバレあるので続きを読むからどうぞ
まず思ったのが、ゴジラの見せ方が初代(1954年公開のゴジラ)っぽいなあ、と。
ゴジラの姿自体は映画始まってすぐあの特徴的な背びれやらなんやらが記録映像っぽく描写されてはいますが、全体像はなかなか出てきませんでした。これは最初に足だけチラ見せしてその後に大々的にどばーんと全体像を見せてきた初代を思い出しましたね。
そして今回のゴジラの全体像が最初に明らかになるシーンがまた良かった!
ハワイに上陸して津波を巻き起こしながら市街地を歩く巨大な何か。そこにアメリカ軍が発煙筒?を投げ、その光で見えてくる胸、腕、足。そしてあの咆哮。
この流れはマジでしびれました。マグロばっかり食ってるようなのとは違うぞ!今回は"あの"ゴジラだ!と一瞬で理解させられました。
そして終盤、ゴジラとMUTOとの戦いの中、2対1の劣勢の中、ゴジラは起死回生の一手としてあの技を出します。
尻尾の先、腰、背中そしてすべての背びれが青いチェレンコフ光を発し、ゴジラが息を大きく吸い込むような仕草を見せた後にあの放射熱線!ここはもう鳥肌立ちっぱなしでした。

あとは、今回ゴジラの敵怪獣、MUTOも結構いい感じでしたね。
いろんな人にギャオスっぽいとか言われてますが、そう思います。雌雄一番出てきてイチャイチャしてました。リア獣爆発しろ
このMUTOが放射性物質を食べて電磁パルスを発しているということで、ハイテクな米軍様がもうボッコボコにやられます。アメリカ映画なのに。アメリカ映画なのに!
いつものアメリカ映画だったらそりゃもう戦闘機バンバン飛ばしてミサイルぶっこんでそりゃあマグロばっか(ryなら死にますよええ。USA!USA!
でも今回はもうアメリカ軍の役に立たなさっぷりといったらないですね。MUTOに対しては現代兵器が使えず、ゴジラには無視されてたりと。
主人公の爆弾処理班の人がMUTOの卵を焼き払ってゴジラ援護してたので全く活躍してないというわけではないんですが。

あと印象深いのは、MUTOが原子力発電所(ジャンジラ、という明らかに日本じゃなさそうな地名だけど日本です。雀路羅と書くらしい)を襲った時の原子力発電所の崩壊や、ハワイにゴジラが上陸したときの津波などのリアルな描写です。津波はまさに3年前のあの地震そのままの様子で、怖いほどの迫力がありました。

細かいところはいろいろと突っ込みどころはありますが、まあとにかく怪獣映画してました。
怪獣映画好きにはたまらない感じであり、非常におすすめできる映画でした。
公開3日目でもう続編の制作が決定したそうで。
次回作では本気出した米軍の対ゴジラ兵器とかが出てきてほしいところ。メカMUTOとか出てこないかなと。
なんと次回作ではラドン・モスラ・キングギドラの出演が考えられているようで。これは楽しみ。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Google+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。