入院してきました。

こんにちは、じーむです。

この間からの病気のお話。
前回のMRIの結果、甲状腺にできた腫瘍がかなり大きくなっており、気管を圧迫しているので手術して甲状腺の切除を行うということになりました。自覚症状は特に何もなかったのですが。
いろいろ検査をしたあと、入院して手術。
手術は子供の頃に1回股関節炎のときにやっていたのですが、もう記憶になく、ほぼ初めてのような緊張感がありました。が、手術室に入って気管挿管のために喉に局所麻酔をかけて喉をカメラで見て、そのあと点滴で全身麻酔をかけて…。気がついたときには全部終わった後でした。手術に要した時間は4時間くらいだったと家族に聞きましたが…。
全身麻酔すごい。いつかかったか、いつ醒めたのかわからないくらい麻酔ってました。
その後1日絶対安静で、次の日からは動けました。点滴や傷跡から出てくる体液を排出するドレーンは邪魔でしたが。
経過も順調で、術後1週間で退院できました。


今回の入院で一番実感したのが、「空腹は最高のスパイス」という言葉でした。手術日の0時から翌日6時まで水くらいしか口にできなかったので、絶食がとけたあとのお粥が本当に美味しく感じました。涙が出そうになるくらいに。その後の病院食もなかなか美味しかったですが、このお粥の一口目には敵いませんでした。
あと、家族や親戚の他に高校時代の同級生が見舞いに来てくれて本当に嬉しかったです。友達は大事にしとくもんだと思いました。来てくれた友人に感謝。
あとお風呂は最高ですね。術後しばらくシャワーも浴びることができなかったので不快感がものすごかった。最初にシャワーを浴びたときには比喩じゃなく一皮むけた感じがしました。


今回の手術で摘出した右側の甲状腺はその後病理検査にかけられていたのですが、一昨日結果良性だったと医師に言われて一安心。
ついでに原因を聞いてみたのですが、日本人にはよくあることで、海藻や魚などのヨードを取りすぎたり、あるいは体質でなることがあるとのこと。結果、原因不明。まあ治ったので良しとしておきましょう。


もう一般的には若くないと言われるような年齢に差し掛かってきたので、そろそろ健康を意識した生活をしないと、なんて思いました。多分すぐ忘れてしまうんでしょうが。

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Google+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。